ポリ袋製のオリジナルエコバッグの作製方法

自分だけのオリジナルエコバッグが欲しい、イベントなどのノベルティグッズとして、エコバッグを製作したいと考えている人もいるでしょう。そんなときにはポリ袋のオリジナルエコバッグを作ることをおすすめします。ここでは、なぜポリ袋製のエコバッグがおすすめなのか、そして作るにはどうしたらいいのかについて解説します。

オリジナルのエコバッグを作ってみよう

ポリ袋のメリット

オリジナルエコバッグ作製方法を知る前に、まずはポリ袋のメリットについて知っておくことが大切です。布や紙でもエコバッグは作れるのに、なぜポリ袋がおすすめなのかというと、他の素材よりもメリットが多いからです。

まず、撥水性なので雨が降っても中に染み込むことはありません。ショッピングの途中で万が一雨が降ってきても安心ですし、小さく畳むことができるので、外出や収納で場所をとることがありません。そして、コストがさほどかからないので、大量に作るときにも便利です。

また、ナイロンと素材が似ているので同じように感じるかもしれませんが、この2つには違いがあります。ナイロンは焼却したときに温暖化ガスが発生しますが、ポリ袋は発生することはありません。ポリ袋は、使いやすいうえに環境にも優しい素材なのです。

「ユニフォームモール」でオリジナルエコバッグを製作

販促用として、大量にポリ袋のオリジナルエコバッグを作製したいというときにおすすめなのが、「ユニフォームモール」です。豊富な素材やカラーから選ぶことができるので、企業やイベントのイメージに合わせたポリ袋製のオリジナルエコバッグが作製できます。

そして、「ユニフォームモール」では急いでいるときには専門スタッフが対応してくれるので、イベントまでに時間がない、できたら早く作製して欲しいという人にはピッタリです。申し込みかたは、希望の形状や生地にカラー、そして畳み方を選択して、後はサイズや数量、予算などを入力するだけと簡単です。

わからないことや困ったことがあったときにも、スタッフがすぐに対応してくれるので、初めてノベルティグッズを作製するときにはおすすめです。

「株式会社カプセルボックス」で友達とお揃いのエコバッグ作製

友達とお揃いのエコバッグを作製したいというときにおすすめなのが、「株式会社カプセルボックス」です。オリジナルエコバッグ作製の老舗会社で、その長い実績から信用度も高い会社です。豊富な素材と余白なしの全面フルカラー印刷が可能で、10枚という少量からの注文にも対応してくれます。

申し込むときには、形や色、収納オプションを選択し、あとは印刷データを入稿するだけで完了です。初めてエコバックを作製するときにも、コンシェルジュサービスがあるので安心です。コンシェルジュサービスでは、専門のプロが対応してくれるので、わからないことや疑問に思ったことがあっても安心です。

また、デザインに自信がない人には、デザインスキルを持つスタッフが在籍しているので、イメージを伝えるだけでも可能です。イラストやデザインに自信がない人におすすめです。

「株式会社モロフジ」でお得にエコバッグ作製

ポリ袋製のオリジナルエコバッグが欲しいけど、できたら予算は抑えたいという人には、「株式会社モロフジ」がおすすめです。自社工場で生産しているため、品質が高いポリ袋製のエコバッグを早く、安く購入することができます。

申し込みは、電話やインターネットからでもできますが、見積り用の用紙をダウンロードしてFAXで申し込むこともできます。商品の形状やデザイン、カラー、希望枚数などからオリジナルのエコバッグが完成します。多色の印刷に最適なグラビア印刷を採用しているので、仕上がりも鮮やかです。

写真やグラデーションにも対応しているので、様々な種類のエコバッグを作製したいときにはピッタリです。

「エコバッグオリジナル広場」で在庫の心配不要のオリジナルエコバッグ作製

ノベルティグッズとしてポリ袋製のオリジナルエコバッグを作製したいが、在庫を置いておくスペースがないと悩む人もいるでしょう。そんなときにおすすめなのが、「エコバッグオリジナル広場」です。

ポリ袋の厚さも2種類から選べて、ファスナーやマジックテープ付きと種類も豊富で、夏用にアルミを蒸着して保冷バッグに加工することも可能です。作製方法も、エコバッグの形とサイズ、カラーを決めて、あとは好きな文字を入れるだけです。

オプションでポケットなどを付けることもできるので、機能性豊かなオリジナルエコバッグが完成します。そして、在庫保管サービスがあるので、在庫管理に困ることはありません。急いでいるときにも対応してくれるので、事業を始めたばかりの人にもピッタリです。

「SUZURI」アプリで自分だけのオリジナルエコバッグを販売

自分だけのオリジナルエコバッグ。持っているだけではもったいない、できたら販売したいという人におすすめなのが「SUZURI」です。手描きのイラストや写真から簡単にオリジナルグッズが作れる「SUZURI」ではポリ袋のオリジナルエコバッグを作製することも可能です。

そして、単に作製するだけでなく販売もできるので、まるでデザイナー気分を味わうことができます。作製方法も、「SUZURI」の無料アプリをダウンロードして、イラストや写真をアップロードし、豊富なアイテムの中からポリ袋のエコバッグを選択するだけです。

あとは、名前と価格を決めて販売するだけです。これだけで、誰でも簡単に自分が作製したオリジナルエコバッグを販売することができるのです。自分のデザインを多くの人に知って欲しいという人にもおすすめの方法です。

ポリ袋のオリジナルエコバッグ作製のときの注意点

ポリ袋のオリジナルエコバッグを作製するときには、注意点も必要です。自分だけが使用するエコバッグなら問題はありませんが、販売用やノベルティグッズとして作製するときには、著作権や肖像権に関わる場合があります。

オリジナルエコバッグに使用するイラストやデザインには注意をしましょう。たまたま描いたキャラクターが既存の作品と似ている場合や、有名人の写真を使用した場合には、あとから問題になる可能性があります。デザインが完成したら、1度チェックをして問題がないか確かめてから作製しましょう。

ポリ袋でオリジナルエコバッグを作製するポイント

ポリ袋のオリジナルエコバッグを作製するときには、ポリ袋素材に特化した会社や、エコバッグ作製に長けた会社などを選ぶと良いでしょう。また、アプリを使って手軽に手に入れることも可能です。どこに依頼するか迷ったときには、予算や納品日などから決めることも大切です。

豊富にある会社から自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

参考サイト→BAG-FACTORY.online:オリジナルバックhttps://bag-factory.online/